【第31号(2009年7月11日発行) 5面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
シアワセ感じる100歩。
ピンクリボン
求人情報
お問い合わせ
トップページ

Googleカスタムサーチ

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第31号(2009年7月11日発行)記事 > 5面

第31号(2009年7月11日発行)記事 5面

御諏訪神輿支えて26年

延べ500人が担いだ昨年の御諏訪神輿

▲延べ500人が担いだ昨年の御諏訪神輿

熊本さんの血が騒ぐ

 四日市市三ツ谷東町の熊本義彦さん(67)は、8月初旬の「大四日市まつり」の「御諏訪神輿」を担ぎ続けて26年。毎年まつりが近づくと血が騒ぐが、近年はその担ぎ手不足が深刻で、熊本さんをはじめ保存会の人たちは人集めに躍起だ。

  熊本さんは「“見るあほう”より“担ぐあほう”になるのが楽しい。一度担いだら面白さがわかる」と、参加を呼びかけている。

  幼いころは海蔵神社のみこしを見て育ち、東京へ出て洋裁やデザインの勉強をした後、諏訪栄町の3番街で婦人服の店を開いた。

延べ500人が担いだ昨年の御諏訪神輿

  市民が参加できる祭りをしようと御諏訪神輿実行委員会を結成、初代若頭になり、東京・浅草の三社祭の担ぎ方を教わった。当初はレンタルのみこしだったが「神の乗り物が借り物ではいけない」と批判され、3年目には大、中のみこしを市内の宮大工に頼んで2000万円という格安で造ってもらった。

  3年間の若頭の後も、世話役としてみこしを見守り、毎年担ぎ手も務める。最近は2日間で延べ1分ほどしか担げないが、自分らで始めた祭りだけに最高に興奮する。

  「諏訪みこしは上下に動くのが特徴。乱れなく担ぐのは難しいが、鈴やちょうちんが縦にきれいに揺れた瞬間はうれしい」

担ぎ手募集

 保存会では、来月1、2日に市内の三滝通りなどを練る御諏訪神輿の担ぎ手を募集する。みこしは大、中、子どもの3種類あり、大、中の本みこしは中学生以上、子どもみこしは小学生以下が担ぐ。男女は問わない。

  7月下旬に諏訪神社の境内で練習ができる。はっぴなど本番の衣装は保存会が貸し出す。問い合わせ、参加申し込みは同保存会電話059-354-5272へ。

このページのトップへ

「成果を母国で生かす」日本語弁論大会に出場

仲間と談笑するラマさん

▲仲間と談笑するラマさん

四日市大留学生ラマ・カンチャさん

 四日市大学のネパール人留学生ラマ・カンチャさん(27)は、五月に催された「外国人による日本語弁論大会」に出場し、好成績を収めた。

  母語が日本語でない27か国の外国人130人が参加し、録音と原稿による事前審査で12人が選ばれ登壇。ラマさんは「日本への思い」と題し、日本の若者がもっと農業や食とのかかわりを持つべきだ、との趣旨で話した。

  ラマさんはネパール・カトマンズ市の出身。3年前に来日し、佐賀県の日本語学校で基礎から言葉を学び、昨年四日市大学経営学部に入学した。最初は日本語での聴講は無理だと思ったが、講義の後も教授らに漢字の読み書きや質問を繰り返すなどして日本語に慣れていった。

  今後は大学院へ進み、金融や税制、福祉などの研究を深めるという。ラマさんは「その国の経済によって大学の充実度が違う。日本はやる気があれば十分出来る環境がある。日本で得た成果を母国のために生かしたい」と、意欲的に語った。

このページのトップへ

孤児への認識深めて

講師のエドアルドさん

▲講師のエドアルドさん

礎の石孤児院が報告会

 東南アジアの孤児の現状を伝える報告会とチャリティーコンサートが8月6日(木)午後2時半から、四日市市下之宮町のあさけプラザで開かれる。

  フィリピンの孤児院の子どもたちの様子を、現場責任者のエドアルド・B・エミアさんが話をする。入場無料。

  戦争や災害、貧困などの孤児を救済するため、世界各地に孤児院を建設、運営しているNPO法人「礎の石孤児院」(本部・東京)が、孤児への認識を深めてもらおうと、全国で開いている催し。

  エドアルドさんは、53人の子どもを受け入れて世話をしている現状、入所できるのを待つ孤児がまだまだ多い実態などについて報告する。

  コンサートはフィリピンでの公演経験もあるゴスペルグループ「Gifts(ギフツ)」が、「永遠の愛」「きみは愛されるため生まれた」などの曲を披露する。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。




【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々