【第129号(2017年3月11日発行) 3面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第129号(2017年3月11日発行)記事 > 3面

第129号(2017年3月11日発行)記事 3面

音楽家への第一歩 電子オルガンコンクールで全国1位に

「もっと学びたい」春から名古屋音大へ
釆女が丘 山﨑雅也君

 4歳から弾き始めた電子オルガンの世界観と、音楽を通じて出会った仲間たちと築いた高揚感―。1月に行われた電子オルガンの全国コンクールで第1位に輝いた四日市市釆女が丘の山﨑雅也君(18)が今春から、名古屋音楽大学に進学し、音楽家として新たな可能性を追求する第一歩を踏み出す。
 幼児の音楽教室で電子オルガンに出会い、小学生時代は演奏や作曲のコンクールに挑戦。中学生のころはピアノを習い始めたり、ドラムを演奏する友人と2人でジャズバンドを組んだりと音楽の幅を広げていった。
 今回1位となった「ヤマハエレクトーン(電子オルガン)コンクール」に初出場したのは高校1年の時。演奏技術だけでなく、作曲・編曲など総合的な能力が求められるステージを経験し、「作り上げる過程が楽しかった」ことに加え、全国各地の出演者と仲良くなり、一緒に自主公演を開くなどしてきた。
 「音楽としっかり向き合えるようになってきた」という3年の春には「もっと音楽を学びたい」と進路を定めた。コンクールでは「今まで誰もやったことのない曲を」と、既成概念にとらわれない自由な演奏で臨んだ。ファイナルは30分のソロリサイタル形式で、審査員からは「聴く人にワクワクする感動を与えた」と評価された。
 春からは同大電子オルガンコースへ進学する。「大学では作・編曲を理論的に学びたい。他楽器とのコラボも楽しみ」と意気込む。当初から山﨑君を指導している伊藤婦規子さんは「更に個性を伸ばして」と巣立つ教え子にエールを贈った。

スペシャルコンサート

 山﨑君の高校生としての最終日となる3月31日(金)午後7時から、同安島のコンサートホールムーシケで「山﨑雅也スペシャルコンサート」が開かれる。入場料1500円。チケットは第一楽器四日市店で販売している。問い合わせは同店 電話059・353・7361へ。

このページのトップへ

「演劇は身近な存在」 演じる喜びに夢中


第4回四日市市民演劇「四日市、そこから」より(西岡真一さん撮影)

大学2年・田中陽朔さん

 「舞台で演じるのが好き。お客さんに喜んでもらえた時が何よりうれしい」。高校時代に演劇を始め、大学2年の現在も精力的に舞台に立つ、四日市市滝川町の田中陽朔さん(20)。今年は既に公演を1つ終え、次の舞台に集中している。
 暁高校での3年間、演劇部で経験した舞台は7作品。このうち2作は、3年時に参加した一般の公開講座発表や市民演劇など、部活動の枠を超えた活動だ。大学では高校演劇出身の友人ら5人で劇団「ツクル」を結成。既存の団体に加わるのではなく、一から「つくる」活動を選んだ。作品を通して、演劇は身近な存在だと伝えていきたいそうだ。
 同年代の役柄を演じることが多く、まずは普段の自分と同じようにやってみた後、脚本に合わせ変化させる。「稽古はしんどいが、やっていないと寂しいしつまらない」。現在も2つの舞台への出演予定があり、かけ持ちで取り組んでいる。
 夢中になれる原動力は、お客さんからもらう感想。時に厳しい声もあるが、耳を背けず自分の糧とする。就職後も可能なペースで舞台に立ちたいと考え、生涯にわたって活動を続けるのが目標だ。
 3月25(土)、26日(日)に寺町特設劇場(桑名市北寺町)で開かれる、県内の若手演劇人による短編の舞台「MIE NEXTAGE2017」に「ツクル」のメンバーとして出演。7月に四日市市文化会館第2ホールで上演予定の市民ミュージカル「四日市ラプソディ」のキャストにも名を連ねている。

このページのトップへ

【プラチナらいふ】感じて生まれる多彩な芸術

八千代台 西尾泰一さん(87)

 俳画、俳句、表具、墨彩画、書など多彩な趣味を持つ。俳画は16年前、 四日市市の熟年大学で学び、当初は講師の句を題材に描いていたが、自作の句を絵にしたいと思い、2年後には俳句も学び始めた。今年2月に開かれた同大学17期生が集う「十七会」作品展にも多くの作品を出品した。
 掛軸に仕立てる表具教室にも通い、表装も手掛ける。俳画は余白を大事にし、さらっと描くことで納得のいく作品になるそうだ。俳句は美しい日本の四季の自然と多彩な行事をテーマに詠み続けている。「作ろうと思って作るものではなく、何かを感じた時に生まれる」という。
 一昨年、句集「勾玉池」を自費出版し、市文化会館に寄贈した。故郷・伊勢の事を中心に詠んだ1100句の中から、講師に選んでもらった339句が収録されている。
 最近、古くなってサポート期間が切れたパソコンをタブレット型端末に切り替え、「気軽に使えるようなりたい」と積極的。新しい物への好奇心と創作意欲が尽きることはない。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々