全国瞬時警報システム(Jアラート)の訓練が3月14日午前11時から行われる。国が、緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達のため実施するもの。三重県及び三重県内市町は同訓練に参加する。【市内の地区市民センターなどに設置されている屋外拡声器】

 各自治体が整備している防災行政無線など住民への情報伝達手段を実際に起動。Jアラートによる情報が実際に住民へ伝達されるかを確認するという。

 四日市市では市内の全域の防災行政無線で訓練。サイレンの吹鳴はない。内容は「ピンポンパン」という上りチャイム音が鳴り、「これは、アラートのテストです」というメッセージが3回流れる。続いて「こちらは広報四日市です」、「ピンポンパン」の下りのチャイム音が流れる。

 防災行政無線の内容は防災サイレンや音声放送確認ダイヤル(059-351-4004)で確認できる。CTY-FMの放送でも行う。