四日市市文化会館で3月24日に開かれる「ウルトラマンライブ Peace of Earth2017-2018」の四日市初開催を記念した企画展が、同館展示棟の第2展示室で開かれている。【必殺技「スペシウム光線」のポーズをするウルトラマンの模型=四日市市安島で】

 テーマは「3世代で楽しむウルトラマン」で、円谷プロダクションの協力で実現した企画。会場入口では「ウルトラマンティガ」の模型が出迎える。1966年の「ウルトラマン」から2017年のウルトラマンジードのタペストリーが展示され、迫力ある光景が広がる。

 展示ケースには台本や変身アイテムを展示。「ベータカプセル」や「ウルトラアイ」「ウルトラリンク」など、作品中に出てくる警備隊隊員が変身する時に使うアイテムも見ることが出来る。また、警備隊の隊員服も展示されている。 

 会場内は撮影も可能で、怪獣「レッドキング」へスペシウム光線を放つシーンを体験できるスペースも設置。ウルトラマンの憧れの技を楽しめる。 会場ではそれぞれのウルトラマンのテレビ放送時の主題歌が流れる。同館の担当者は「懐かしんだり、写真を撮ったり、3世代でお楽しみいただけます」と笑顔で話していた。 

 入場無料。期間はライブ当日の3月24日まで。開館時間は午前9時半から午後4時半までで、3月19日は月曜のため休館。
 
 「ウルトラマンライブ Peace of Earth2017-2018」は同館第1ホールで、3月24日午前11時と午後2時半の2回公演。全席指定で2,800円でチケット発売中。3歳以上有料で、2歳以下、保護者1人につき1人までひざ上鑑賞可。

 問い合わせは四日市市文化会館TEL059-354-4501へ。