振り込め詐欺を始めとした特殊詐欺の被害を防ぐ対策として、三重県警はこのほど、電話の呼び出し音の前に警告メッセージが流れ、通話内容が録音される「自動通話録音警告機」の無料貸出を始めた。貸与期間は1年間。台数には限りがある。【被害防止のために貸し出される自動通話録音警告機】
 

   警告メッセージは「この電話は、振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話が自動録音されます。これから呼び出しますので、このままお待ちください」というもの。この音声が発信者に向けて流れた後、通話が録音される仕組み。
 

    県警ではモデルケースとして、2016年10月から17年9月に津市(260世帯)、16年12月から17年11月まで四日市市(100世帯)の計360世帯に警告機を貸与。対象者の平均年齢は76・3歳で、事後のアンケート調査では、設置前後で不審電話がかかってくる状況が変化したかなどについて回答を求めた。
 

      発表によれば、設置者の8割近くが「過去に不審な電話受けたことがある」と回答。設置後は9割が「不審な電話がかかってこなくなった」と答えており、貸与期間を終えての感想として「詐欺などの被害防止に有効」という声が寄せられているという。
 

問い合わせは最寄りの警察署、または県警生活安全企画課犯罪抑止対策係TEL059・222・0110へ。