子どもが好きな方♪

学童保育の先生になりませんか?

 

〇給与
月額117,000162,000
別途、交通費・時間外手当・資格手当・年度末手当
※各種保険加入

〇時間
12:00~19:00

〇休日
土曜日(当番制)・日曜日

〇資格
不要 ※保育士資格、教員免許をお持ちの方大歓迎♪
    資格手当あり(教員免許、保育士社会福祉士、放課後児童支援員)

〇連絡先(担当:伊東)
059-332-0789
090-3583-6083


羽津地区学童保育所で学童保育所指導員として働く伊東晴美さん。

仕事の内容や、やりがいについて聞きました
 「教育実習で教壇に立った時に、やりたい事と違う気がしたんです」と話す伊東さん。子ども達が相手や場面によって違う表情を見せる様子に触れ、「素が見える後方支援のような立場に身を置きたい」と考えるようになったという。今は「第二の家」との意識で仕事に励んでいる。
 普段は正午に出勤し、掃除、おやつの準備、スタッフとのミーティングなどを済ませる。今は小学1年生から5年生まで約40人が通い、宿題や外遊びの見守りをする。教えることはしないが、一緒に勉強することはあるという。長期休みにはイベントなどを考えることも。「みんな『先生聞いて!』って入ってくるんですよ。私としては『ただいま』って帰って来て欲しいんですけどね」と伊東さんは笑うが、子ども達との信頼関係がうかがえるエピソードだ。
 伊東さんは「私の方が楽しませてもらっている。子どもから学ぶことも多い」と、充実の表情を見せた。

課題は指導員不足

同学童保育所代表の山本典子さんは「学童保育所の必要性はますます高まっているが、指導員不足が課題」と嘆く。「希望者は正職員として雇用し、各種保険も有給休暇もある。もちろん年齢も性別も問いません。”子どもを見守る”という点にやりがいを感じてくれる方、ぜひお問い合わせください」と締めくくった。