2021年に開かれる「三重とこわか国体」に向け、第76回国民体育大会四日市市準備委員会第3回総会が5月10日、四日市市安島の四日市都ホテルで開かれた。【市民や関係団体、地元メディアの担当者らが集まった第3回総会=四日市市安島で】

 総会には行政、市民や関係団体、地元メディアの担当者らが出席。同委員会の委員長を務める森智広四日市市長は 「国体を盛り上げていき、四日市を発信する大事な大会にしていきたい」などとあいさつした。また、総会の開始前には、会場内で、松阪市出身のシンガー・ソングライターの野田愛実さんが歌うイメージソング「未来に響け」が流されていた。

 国体の開催は三重県では46年ぶりとなる。四日市市でも8つの正式競技(8競技9種目)が行われる予定。四日市市では、専用のホームページ(http://www.city.yokkaichi.mie.jp/kokutai2021/)による情報発信をしている。