アポアで繁盛店を作りませんか――。新築、リフォーム、エクステリアの他、店舗設計や施工を営む「株式会社APOA」(本社・津市)。現在市内でも「タップチップス」(下海老町)、「ルーチェ クロニクル」(鵜の森)「熊野地鶏みえじん」(諏訪栄町)など数多くの店舗を手掛けている。 他にも、生桑町に直輸入の家具や雑貨などを販売する「アポアショップ」、鵜の森にビジネスやレジャー客を対象としたアポアホテルも運営。
 代表の浜田強さんは「お店をどうしたいか、お店がどうなりたいかを形にするお手伝いをしたい」と話す。施主の思いをヒアリングし、店舗のデザインやレイアウトだけでなく、小さな家具やコンセントの位置など細部まで提案。技術だけでなく、豊富な設計実績で培ったノウハウで、繁盛店をプロデュースする。  同社のこだわりは「本物思考」。本物の素材を使い、本物の技術で仕上げていく。「年季のある店舗に真新しい素材を使っても馴染みません。その背景に合った素材を選びぬいていく事が第一歩。そこから全体の雰囲気に合わせ施工していきますが、当社ならではのオリジナリティを随所に散りばめ、『お客様のお店にしか存在し得ない』ものになっていくはず」と浜田さんは自信を持つ。  同社が手掛けた建築事例は、ホームページにて掲載されている。

http://apoa.jp/
建築に関する問い合わせは 0120・890・834へ。