土地区画整理事業や連続立体交差事業として、整備が進められていた近鉄川原町駅周辺の駅前広場の整備が完成した。ベンチや案内板などが設置されている。【完成した近鉄川原町駅前広場=四日市市本郷町で】

 同駅は、三重県施行の連続立体交差事業により鉄道路線が高架化された。広場の再整備は、四日市市が施行する土地区画整理事業によって、老朽化した建物の密集や狭い道路状況など様々な課題に対して取り組みが進められていた。

 完成した駅前広場は、面積は約2600平方メートル。照明灯とベンチが3基、周辺の案内MAPを掲載した案内板が1基、設置されている。市では、同駅の周辺は、同市の指定無形文化財である萬古焼の製造が盛んな地域でもあり、整備が完成したことによって、周辺市街地の一層の活性化に期待しているという。