絵画作品の制作に励む「十華会」は6月21日から同24日まで、四日市市文化会館の2階展示室で「第9回 十華会 絵画展2018」を開いている。【向日葵の作品を見る来場者ら=四日市市安島で】

 日頃は、あさけプラザ(四日市市下之宮町)で作品制作に励む同会。現在は四日市市内の在住者を中心に市外から通う人もいて、男女計9人が講師の指導を受けながら活動している。作品展は1年半に1回ほどのペースで開き、今回は約80点の油絵、木炭画などを展示している。

 題材にしているのは、花や野菜、人物など様々。スケッチに出掛けることもあるという。会員の一人は「皆が展示会を楽しみにして、一生懸命取り組んだ作品をご覧いただければ」と笑顔で話していた。

 入場無料。時間は午前9時半から午後4時半まで。ただし最終日は午後4時まで。