四日市国際交流センター(四日市市諏訪町)は同センターラウンジで、「私たちのベトナム展」を7月1日まで開いている。【ベトナムの食や文化などを紹介する写真などが展示されている(四日市市諏訪町で)】

 展示にはベトナムの地図に、同センターで日本語を学ぶベトナム人らが顔写真入りで、自身のふるさとの特徴を紹介。食事、年中行事や結婚式、遺跡などの写真約50枚が、解説付きで展示されている。

 開館時間は午前9時から午後5時まで。月曜休館。問い合わせは同センターTEL059-353-9955へ。

 同市によると今年2月末で、四日市市には8,921人の外国人市民が生活しているといい、ベトナム人は700人以上。2016年8月には四日市市とベトナムのハイフォン市の間で、地域の企業が海外進出することを目指す「経済交流の覚書」を締結している。

 
6月23、24日にベトナムフェア開催

「日越外交樹立45周年 第2回ベトナムフェアin四日市」が6月23、24日の2日間、近鉄四日市駅前商店街の諏訪公園通りとイオンモール四日市北店で開かれる。商店街でのイベント時間は、午前11時から午後4時まで。商店街の会場では、ベトナム料理が味わえる飲食ブースや雑貨を販売するブースが設けられる。また、特設ステージでは、民族舞踊などが披露される。ベトナムフェアのホームページ(https://vietnamfair.localinfo.jp/pages/1151740/static)で情報発信している。