イギリス船籍のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が6月24日、四日市港の霞ヶ浦南埠頭24号岸壁に初めて入港する。午前7時に入港、午後5時に出港予定で、時間内は岸壁から自由に見学することができる。【初入港するダイヤモンド・プリンセス(写真提供:プリンセス・クルーズ)】

 港では、入港歓迎イベントが開催される。午前10時半からは歓迎セレモニーがあり、午後1時半から午後4時半は歓迎ステージとして、ヨーロッパ民謡演奏、キッズヒップホップダンス、フラダンスショー、よさこい、諏訪太鼓などがある。

 会場では、午前10時から、カレーやたません、伊勢おやき、伊勢うどん、ソフトクリームなどの飲食コーナーや、午後1時半からは萬古焼、鋳物、和雑貨、菓子、佃煮、酒、お茶、そうめんなど地場産品の販売のブースが並ぶ。

 日本文化体験コーナーでは午前10時からは豆畳製作体験、午後1時からは浴衣着付け体験を企画。また、岸壁とポートビルをつなぐシャトルバスが午前10時から運行される。イベント内容は天候等の影響で中止や変更することもある。