第100回全国高校野球選手権記念三重大会は7月17日、県内4球場で試合が行われた。四日市市営霞ヶ浦球場では、2回戦のいなべ総合と四日市中央工業、昨夏代表の津田学園と四日市高校の2試合があった。いなべと四中工は7対4でいなべが、津田と四高は延長12回、四高が7対6で勝利した。【延長12回、サヨナラ勝利で喜ぶ四高の選手たち=四日市市営霞ヶ浦球場で】

 四日市市営霞ヶ浦球場の第1試合、いなべ対四中工は1回裏に四中工が3点を先制、5回にいなべが追いつき、6回にいなべが1点を追加したがその裏四中工が同点とした。7回に2点、8回に1点を入れ、7対4としたいなべが勝利した。

 第2試合は昨夏代表の津田学園が四高に1回裏に先制を許す。四高は3回裏にも2点を追加。津田は4回表に1点を返す。5回の津田は6番の上下大地君のスリーランホームランで5対3と逆転した。【逆転ホームランを放った上下君(右から三番目)】

 7回に四高が1点を返し5対4とすると、津田は8回に1点を入れ6対4とした。しかし8回裏、四高は8回裏に津田の3番手・前佑囲斗君を攻め同点に追いついた。試合はそのまま延長へ。12回の裏、ランナー二塁のチャンスに四高の佐藤公泰君がヒットを放ち、7対6で四高が昨夏代表の津田学園に勝利した。