第100回全国高校野球選手権記念三重大会は7月25日、決勝戦の白山対松阪商業が四日市市営霞ヶ浦球場で行われた。試合は1回に2点を先制、5回に集中打で6点を入れた白山が初の甲子園への出場を決めた。【最後の打者を打ち取り、マウンドへ駆け寄って喜ぶ白山の選手ら=四日市市営霞ヶ浦球場で】

 試合は白山が岩田剛知君、松阪商業が藤崎智也君が先発。初回に失策などをきっかけに白山が2点を先制。5回には満塁で3番有森紫苑君の走者一掃の二塁打などで6点を追加し、8対0とリードした。

 松阪商業は6回に8番堀江建斗君の二塁打で2点を返す。しかし、白山先発の岩田君の力投、9回には白山の背番号1をつけた山本朔矢君がマウンドを上がり、計13安打を放ちながらも得点は6回の2点のみだった。

 白山は創部以来初の甲子園出場の切符を手に入れた。