夏の夜空を彩る「四日市花火大会」が、8月19日(日)午後7時15分から四日市市富双の四日市港富双緑地で開かれる。スターマインなど4千発が大輪の華を咲かせ、市内外から毎年多くの人が訪れる。

 打ち上げ会場では、ご当地アイドル「4‐sails」が歌を披露し、「こにゅうどうくん」も来場者とともに花火を楽しむ。打ち上げ会場付近には有料観覧席が設けられ、椅子席(2千円)、6人テーブル席(1万5千円)などがある。チケットは四日市観光協会やチケットぴあなどで販売している。芝生席は当日も販売予定。

 有料席以外では、対岸の霞ヶ浦北埠頭も観覧スポットの一つ。埠頭の奥は立入禁止だが、観覧可能な手前からは、正面とは違った形の花火を楽しめる。大会実行委員会では「コンビナート夜景と花火の競演を楽しんでほしい」と話している。

 悪天候の場合は9月2日(日)に延期。 問い合わせは同実行委事務局TEL059・354・8176(市観光交流課内)まで。