誰もが聞いたことのあるメロディー、たっぷり届けます―。中部中学校(四日市市西浦)吹奏楽部の第3回演奏会「Yo CHUBU ポップス演奏会」が8月25日(土)にあさけプラザホール(同市下之宮町)で開かれる。部員たちは演奏会に向け、夏休みも張り切って練習に取り組んでいる。

 2時間半の演奏会は、多様なジャンルのメドレー曲を中心に構成。欅坂46や安室奈美恵、ディズニーメドレー、「ラ・ラ・ランド」など新しいミュージカル映画のテーマ、懐かしのグループサウンズ、70年代のヒット曲と、息もつかせぬ各種メドレー曲が満載だ。

 収容人数300人を超すホールでの演奏は初だが、顧問の森川めぐみ教諭は「メドレー曲では、さまざまな楽器が主旋律を演奏する機会があり、39人全員に見せ場がある。演奏者が楽しんで取り組む姿を見て」と話す。

 アルトサックス担当の多田羅愛咲さん(3年)とバリトンサックスの笠原茉莉さん(同)は、思い入れ深い曲として、作曲家・三木たかしさんのメドレーを挙げる。最初は「アンパンマン」のテーマ曲しか知らなかったが、「夜桜お七」「ブーメランストリート」なども好きになったといい、「自分たちで振り付けも考え、飽きさせない演奏会にしたい」と意気込んでいる。

 開演は午後1時。入場無料。チケット不要。問い合わせは同校TEL059-359-0114へ。