四日市あすなろう鉄道のパステルカラーの車両が9月2日に引退する。最後の1編成は265号車、122号車、163号車。同社では、明日8月25日から9月2日の最終列車の運行まで、さよならイベントを企画。パステルカラー車両の最後の1編成を四日市南と四日市四郷の2高校の生徒による作品を貼り付けペイント列車として運行する。車内にも装飾がされる。【写真はYOU編集部が過去に撮影したもの】

 また、イベント初日の午前10時からは記念グッズをあすなろう四日市と内部の2駅で販売。パステルカラー車両キーホルダー(800円)や9種類の「ありがとうマグネット」(各500円)がある。また、乗車券類を除く500円以上のグッズを買った人には、限定の”鉄カード”がプレゼントされる。

 9月2日には引退セレモニーを予定。同日午後1時から、あすなろう四日市駅で車両説明会と出発式を実施。参加者には車両をデザインしたうちわのプレゼントがある。