昨年よりパワーアップ よんてつ今年も

729

    昨年初開催で好評だった、盆踊りやステージパフォーマンスを楽しむイベント「四日市徹夜おどりの祭典 よんてつ」が、今年も9月8日(土)午前10時から9日(日)午後3時まで、四日市ドーム(四日市市羽津甲)で行われる。会場には特大のやぐらとステージが設けられ、昨年より5時間長い29時間の催しとなる。入場無料。

 「川越マルシェ」などを主催するモルタンマルシェが2日間で延べ123店舗を出店し、焼きそばやタコスといった飲食物や手作り雑貨などを販売する。参加者数が少なくなる深夜帯を盛り上げるため、市内でディスコイベントを開く飲食店が協力し、深夜1時から4時までを「ディスコタイム」に設定している。
 この他、ドーム周辺のトリムコースでは、途中参加、離脱、復活が自由なマラソンイベント「ザ28時間マラソン」が開かれる。申し込み不要、参加無料。

 実行委員長を務める四日市市観光大使のマック中原さんは「今年は県外からの問い合わせもあり、注目されていると感じる。昨年よりパワーアップしているので、子どもから大人まで存分に楽しんでもらえるはず」と意気込みを語った。

 当日は近鉄四日市駅(東14番のりば)から会場へのシャトルバスが運行される。運行時間は、8日は午前9時半から午後9時半、9日は午前6時から午後2時まで。イベント詳細はホームページ(https://xn--k9jd5hwb.com/wp/)に掲載している。

 問い合わせは同実行委事務局TEL059・331・5333(羽津地区まちづくり推進協議会事務局内)へ。