第73回国民体育大会に出場する四日市出身の選手らの壮行会が9月20日、四日市市諏訪町の市総合会館8階視聴覚室で開かれた。【国体へ向け健闘を誓った選手ら=四日市市諏訪町で】

 四日市出身者は69人が出場予定。壮行会で四日市市の森智広市長は「皆さんが大活躍して3年後の三重県で開催される国体への機運を高めていきましょう」などと激励した。

 今大会の愛称は「福井しあわせ元気国体」。選手を代表して、ラグビー女子に出場する玉井希絵さんが「私たちの活躍で皆を元気に幸せにします」などと宣言した。

 第73回国民体育大会は9月29日から開催。会期前競技もあり、ハンドボール少年女子で、県代表として出場した四日市商業が優勝している。