秋の全国交通安全運動が9月21日から同30日まで実施される。運動初日の9月21日、四日市市日永4のショッピングセンター「日永カヨー」で四日市南警察署の署員や四日市南地区交通安全協会など交通関係の団体や、津田第二幼稚園の園児、地元老人クラブのメンバーらが参加してセレモニーが開かれた。【交通安全のダンスを披露する津田第二幼稚園の園児ら=日永4の日永カヨー1階中央広場で】

 セレモニーでは、西本茂人署長が「セレモニーを機会に悲惨な事故をなくすための、交通安全の輪が広がれば。交通事故ゼロを目指します」などとあいさつ。交通安全ソングに合わせて、津田第二幼稚園の園児がダンスを披露、署員の一人がウクレレを手に交通安全を呼び掛けるなどした。
 

 また、園児が絵を描いた手首に装着する反射材を、来場していた高齢者らに着けた。反射材を受け取った人は「ありがとう」と笑顔で礼を言っていた。会場には、四日市のマスコットキャラクター「こにゅどうくん」も来場、交通安全を訴えるチラシなども配布され、注目を集めていた。