1959年9月26日、県内に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風の犠牲者の冥福を祈る殉難者慰霊献花式が9月26日、四日市市富田一色町の富田一色海浜緑地公園内にある殉難慰霊碑前であった。【犠牲者の名前が記された殉難碑前で献花をする出席者=四日市市富田一色町で】

 式には富洲原地区連合自治会の役員や遺族が出席。四日市市からは森智広市長、四日市市議会からは竹野兼主議長らが出席した。はじめに一同で黙祷を捧げたあと、森市長が式辞を述べた。

  献花では、キクの花を手にし、慰霊碑前に献花し手を合わせる出席者。「あの日も朝は天気が良かった」と当時の様子を話す女性もいた。

 伊勢湾台風は四日市市では、富田、富洲原地区を中心に、死者115人、家屋の全半壊合わせ3695戸、床上浸水1万5125戸、床下浸水3064戸という被害があった。