切手収集などを楽しむ四日市郵趣会(大嶋篤二代表)は、活動内容を多くの人に知ってもらおうと、10月13日(土)午後1時半から、月1回の例会の見学・参加が可能な催し「ようこそウェルカムデー」を開く。入場・参加無料、出入り自由。

 現在の会員は18人で、市内外から参加する人もいる。毎月第2土曜に例会を開いており、さる8月31日からの3日間は、日頃の活動と切手収集の楽しさを伝える「Welcome Kitte展」を市文化会館で開き、好評を得た。

 今回の催しでは、切手コレクションの整理・展示の方法、新しい切手や消印使用情報や収集方法などについて会員らが話し、切手収集の楽しさを「見る」「聞く」「知る」の視点で体験できる。会場は中部地区市民センター(同市西浦1)3階図書室。

 同会事務局の小坂彰宏さんは「楽しいひと時を一緒に過ごしましょう。気軽にご参加ください。」と来場を呼び掛けている。