四日市市立山手中学校陸上競技部3年の伊坂蓮君が10月12から14日に神奈川県横浜市の日産スタジアムで開かれる第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会に、投てき種目の男子ジャベリックスローで出場する。【大会を前に四日市市役所を訪れた伊坂君】

 9月1日の三重県大会で、5投目に61メートル73を記録し優勝。全国舞台への切符を手に入れた。1投目は「感覚が合わなかった」と45メートル71、ベスト8へも全体6位での進出だったが、自己ベストを投げ、出場選手で唯一の60メートル台を記録した。

 伊坂君と顧問の齋藤雅教諭は10月2日、四日市市役所へ森智広市長と四日市市議会の竹野兼主議長を表敬訪問した。競技で使用するロケット状の投てき物(ターボジャブ)を持参し、競技を説明。森市長と竹野議長から「頑張ってください」などと激励を受けた。

 キャプテンとしても部を盛り上げた伊坂君。大会へ向け、「全国でも自己ベストを更新して1位を目指して頑張ります」と目標を話していた。