NTTタウンページ(本社東京都)はこのほど、四日市市と連携した四日市版タウンページを発刊した。同社中部営業本部の岩田智取締役中部営業本部長らが11月6日、四日市市役所を訪れ、森智広市長らに発刊の報告をした。【発刊されたタウンページと別冊を森市長に手渡す関係者。こにゅうどうくんとタウンページ君も同席=四日市市役所で】

 
 表紙は近鉄四日市駅前のふれあいモールを背景に、四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」と同社の「タウンページ君」のツーショット。子育てに関する記事などを掲載している。

 防災と医療に関する別冊を付属。空き家対策に関する内容を取り上げ、問題解決に取り組む企業の広告なども掲載した保存版も付属している。

 「地元ならではのものを感じてもらいたい」と同社の担当者は話していた。

 A版で432ページ。11月中に四日市市内に無料で配布される予定だという。