四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」のイラストを描いた萬古焼の丼がこのほど発売された。こにゅうどうくんのデザインを手掛けた同市中川原1のデザインプロダクション「ロゴス」が、名産の萬古焼とのコラボを実現させようと、3年前から計画を進めてきた商品だ。【こにゅうどうくんのイラストが描かれた丼=四日市市中川原1で】

 丼の大きさは高さ14・5センチ、幅15センチ。デザインは3パターンあり、41種類のポーズをするこにゅうどうくんが描かれたものや、前後で顔と後頭部が描かれたものなどがある。ふた付きで、イラストの転写や丼の形状など、何度も工夫を重ねたという。製造は市内の萬古焼業者に依頼した。

 こにゅうどうくんが「ゆるキャラグランプリ」で1位を争う盛り上がりの中での発売となった。同社の田中郁夫社長(64)は「単にご飯を入れるだけでなく、人それぞれの楽しみ方ができる。ご家庭にはもちろん、イベントの景品などにも」と笑顔で話していた。

 丼は1個3千円(税別)。数量・期間限定で、四日市観光協会(同市安島)、じばさん三重(同)、ばんこの里会館(同陶栄町)2階の「うつわ亭」などで購入できる。

 問い合わせはロゴスTEL059・354・0846へ。