第32回全国都道府県対抗中学バレーボール大会に四日市市内の中学校から、三重県選抜チームとして出場する選手が12月18日、四日市市役所を表敬訪問し、大会への意気込みを話した。【大会へ向け意気込む岡君、見並君、徳岡さん=四日市市役所で】

 三重県選抜チームに選ばれたのは、男子が、内部中学3年の岡亮太君、常磐中学3年の見並永遠君、女子は山手中学3年の徳岡楓さん。県内の中学から12人が選抜され、12月25日から同28日、大阪府の丸善インテックアリーナ大阪、エディオンアリーナ大阪で試合をする。

 表敬訪問には四日市市の森智広市長、四日市市議会の竹野兼主議長が出席。森市長は「代表への選出おめでとうございます。三重県代表として頑張ってほしい」と選手を励ました。

 大会へ向け、選手らは「教わったことを十分に発揮し、粘り強いプレーをしたい」(岡君)、「今までの培ってきたことを生かし、三重が勝つようにしたい」(見並君)、「ジャンプ力を生かし勝利に貢献したい。皆のためにも頑張ります」(徳岡さん)と思いを話していた。