「第27回JOCジュニアオリンピックカップハンドボール大会」に出場する三重県選抜チームに四日市市内の中学校から男女ともに選手が選ばれた。チームを代表して、男子チームのキャプテンを務める朝明中3年の田仲航大君と加藤颯真君、女子チームの副キャプテンを務める西笹川中3年の豊田陽菜さん、朝明中3年の加藤梨子さんが12月19日、四日市市役所へ表敬訪問した。【大会への意気込みをみせる選手ら=四日市市役所で】

 表敬訪問には四日市市の森智広市長と、四日市市議会の竹野兼主議長が出席。森市長は「選出おめでございます、頑張ってください」と選手らを励まし、竹野議長は「最大限の力を出せるように体調に気をつけてください」と話した。

 選手らは「キャプテンとして他の選手の中心になり、まずは予選を勝ち抜きたい」(田仲君)、「三重県選抜代表として頑張ります」(加藤君)、「中学校最後の大会、楽しみたい」(豊田さん)、「今まで練習してきたことを出し切ります」(加藤さん)などと大会への思いを話していた。