諏訪公園(四日市市諏訪栄町)と周辺の商店街を彩るイルミネーションを一時消灯し、キャンドルのほのかな明かりだけでスローな夜を楽しむイベント「1000000人のキャンドルナイトinすわ公園2018」が、12月23日(日)に開かれる。雨天決行。入場無料。【昨年のイベントの様子=四日市市諏訪栄町で】

 今年はキャンドルナイト15周年を記念し、四日市の「4」と周年の「15」にちなんだ4015本のキャンドルが所狭しと点灯する。午後4時45分に点火が始まり、器具が貸し出されるため来場者も点火に参加できる。商店街のアーケード内では、15年間を振り返るパネル展示もある。同6時15分には、公園のイルミネーションと商店街の街灯を同時に消灯する「カウントダウンイルミネーション消灯」を実行する。

 キャンドルナイト四日市実行委員会の陰地慶太さんは「皆で一緒に点火するところから、電気を消した後の幻想的な風景まで、ぜひ楽しんで」と来場を呼び掛けている。

 12月9日(日)には事前イベント「手作りアロマキャンドル教室」と「ミニキャンドルナイト」が開かれる。事前申し込み不要。参加無料。また23日には、小学生が公園内にキャンドルを並べる「こども四日市 キャンドルナイトひるまのおしごと」がある。参加無料だが、同交流館へ事前申し込みが必要。

 問い合わせ、申し込みは同交流館TEL059・350・8411へ。