年始の恒例行事「四日市市消防出初式」が、1月13日(日)午前9時から同11時40分まで同市羽津甲の四日市ドームとその周辺で開かれる。消防車両や、公募された「こども隊長」が乗車する車両の分列行進に加え、県の防災ヘリコプターも参加。「陸・海・空」で迫力ある式典となる。

 会場では、市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」や市消防本部のキャラクター「ラブ」などが出迎え、救助・救急隊員による訓練、ひかり幼稚園の園児による演技などが披露される。スタンプラリーで回る見学・体験ブースや飲食ブース、消防資機材の展示などもある。

 はしご車のはしご搭乗体験は、午前8時から先着30人に搭乗券を配布する。また、今年は初めて「ちびっ子レスキュー訓練」を実施。レスキュー隊の訓練を子ども向けにしたものを体験できる。

 毎年注目を集める四日市市消防団の団員による「はしご登り演技」には、約80人が出演。高さ6メートルのはしごを3基立て、力強い動きを見せる。荒天時はドーム内の行事のみ実施する。

 問い合わせは市消防本部消防救急課TEL059・356・2004へ。