「第12回美し国市町対抗駅伝」が2月17日に開催される。四日市チームとして出場する選手たちを応援しようと、激励壮行会が2月5日、四日市市役所11階の研修室で開かれた。【大会へ向け意気込む選手ら=四日市市役所へ】

 激励壮行会には、監督、選手らが出席。選手は走る区間ごとに、一人ずつ紹介された。森市長は「三重県内の29市町の壮絶な戦い。四日市は過去2度の優勝をしているが、3回目の優勝を目指して頑張ってください」と選手らを激励した。3回目の優勝をした市はまだないという。また、三泗陸上競技協会の赤塚伸二理事長は「体調の管理をしっかりして、自分がしてきたことを全て出す気持ちで挑んでほしい」と話した。

 選手らは大会へ向け「チームの優勝に貢献できるように頑張ります」「笑顔でたすきを受け取って、笑顔でたすきを渡す」などと意気込んでいた。