四日市市議会は3月26日、昨年8月の定例議会で設置された新総合計画調査特別委員会で取り組んだ調査結果について、報告書を森智広市長へ提出した。【調査報告書を森市長に手渡す竹野議長=四日市市役所で】

 提出時には、同委員会の委員長・諸岡覚議員から報告書についての説明があった。調査は新総合計画策定に向けた取り組み関して、理事者から提出された現総合計画の検証、総括について議会の視点で集中的に検証を行ったという。竹野兼主議長は「これらを踏まえて、次の総合計画を策定していただきたい」などと伝えた。

 報告書を受け取った森市長は「ご提言をいただいたことを大前提に策定していきたい」などと述べた。調査報告書の提出は、四日市市議会基本条例第28条の規定に基づいている。