第20回四日市シティロードレース(4月7日開催)で入賞者への賞品として、三昌物産株式会社(本社四日市市塩浜、渡邉大雄社長)は自社商品の国産鶏肉を使用した「サラダチキン パトリシャン」を提供する。同社の渡邉社長が3月27日、四日市市役所を訪れ、贈呈式が行われた。【パトリシャンを贈呈する渡邉社長(右)=四日市市役所で】

 式には、四日市市からはスポーツ・国体推進部の森幸康部長らが出席。渡邉社長がパトリシャンを手渡した。森部長は「大会を成功に導きます」などと話していた。

 6個入り120セットを提供。レースの20部門6位までの入賞者全員に贈られる。同社は2月の「美し国三重市町対抗駅伝」でも四日市チームにスモークササミを提供するなど地元スポーツを応援。渡邉社長は「最後の四日市シティロードレース、四日市で作っているものなので入賞した選手の方に食べていただければ」と話していた。