相好体操クラブの社会人競技部に所属する選手が4月24日から同29日、群馬県の高崎アリーナで開催される「第73回全日本体操個人総合選手権」及び「第73回全日本体操種目別選手権男子トライアウト」に出場する。同クラブ(四日市市大井手)の四日市教室を拠点に練習する泉谷敬志さん、五島誉博さん、内田龍真さんの3人が大会を前に、四日市市役所へ表敬訪問した。【大会へ向け意気込む内田さん、五島さん、泉谷さん=四日市市役所で】

 表敬訪問では、四日市市の森智広市長、四日市市議会の加藤清助副議長が対応。「出場おめでとうございます」と3人を激励した森市長。大会は、日本代表やユニバーシアード出場などにつながることから、選手らの意気込みも十分。

 シーズン最初の全国規模の大会であり、泉谷さんは「個人種目でまずは結果を残す」、五島さんは「上位に入りNHK杯出場、日本代表を目指す」、内田さんは「最初の大会、しっかりと結果を残したい」などと大会へ向け、意気込みを話していた。