4月21日(日)・28日(日)の2日間四日市市鵜の森のアポアホテル2階テナント北海道うまいっしょ四日市店内で、有名建築家達の建築実例が見られる「建築ギャラリー展」が開かれる。主催は、日本最大級の建築家ネットワークを持つアーキテクツスタジオジャパン(ASJ)に所属するアポアスタジオ(Belive株式会社)。同社では、家づくりのパートナーである建築家を身近なものとし、 あきらめない家づくりのサポートをするため、今年から県内で同展や建築家との無料相談会などを開いている。

 当日は2890人(2019年1月現在)の建築家によるナチュラルハイスペックハウスからシンプルエッジデザイン、古民家リノベーションまで独創的な建築実例を写真パネルにて展示すると共に、展示しきれないものは、設置されているタブレット端末などで確認することができる。また、セミナーとして、「ハウスメーカーやローコスト住宅と建築家の違い」を各日開く(時間は要問合せ)。津市で3月に開かれた際も美しい建造物の展示を一目見ようと多くの人が、訪れていた。

 同社代表の浜田強さんは、「住宅購入を検討している方は住まい作りのヒントがたくさん見つかると思います。会場には建築家もおりますので、相談いただければ。もちろん、住宅購入を検討中ではないが、建築に興味のある方もお気軽に来て頂ければ」と話す。

時間は午前10時から午後4時まで。入場は無料。予約は不要。問い合わせは、Belive株式会社z059・227・7758へ。