四日市競輪は、車券売り上げの向上や活性化を図ろうと、深夜に無観客で行う「ミッドナイト競輪」を5月2日から同4日、8月9日から同11日に開催する。公営競技場公認では全国で初めてだという「バーチャルYouTuber」も導入、新規顧客の獲得や収益向上を目指す。【四日市競輪場公認のVチューバー泗水美海】

 ミッドナイト競輪は車券発売を競輪場でせず、電話やインターネットで発売するのが主流で、四日市競輪では初の開催となる。5月、8月に3日間ずつ、いずれも午後9時から同11時半に開催する。
 
 また、四日市競輪場公認の「泗水美海」というVチューバーを導入。「バーチャルYouTuber」は動画共有サービスで動画配信をするアニメーションキャラクターで、総称を「Vチューバー」と呼ばれている。

 「泗水美海」は1月21日のみずがめ座、21歳で大学の文学部に通い、趣味は温泉旅行と夜景巡りで将来はスポーツ関連の仕事をするのが夢という設定だ。4月23日から、YouTubeで動画の配信を始めていて、レースの開催告知や、四日市の魅力を伝えていくという。

四日市競輪のホームページ(http://www.yokkaichikeirin.com/)では、「泗水美海」の紹介や競輪の開催日程を掲載している。