さをり織り教室「さをりひろばOLIVER」(四日市市三栄町)のスタッフ5人による「秋のさをり織り展」が、同市栄町のフランス菓子と小さなギャラリー「クロード・リュッツ」で11月7日から始まった。

2013年の開校以来、毎年5月に生徒の作品発表会を開いていたが、スタッフの作品展は初開催。
会場には、カシミヤ、ウール、アルパカなどの糸を使ったワンピース、マフラー、バッグ、小物など約100点が展示即売されている。


代表の松原幸さん(69)は「縁あって開催できることがうれしい。四日市ではさをり織りに触れる機会も少ないので、たくさんの方に見てほしい」と笑顔で話していた。

会 場:Claude Lutz(クロード・リュッツ)
住 所:四日市市栄町2-22
期 間:11月7日(木)~11月17日(日)
時 間:10:00~18:00
定休日:月・火・水