- Advertisement -

無事故・無違反を目指す チャレンジ123

 家族や同僚、友人など3人1組で123日間、無事故・無違反をめざす交通安全の企画「チャレンジ123」が、今年も7月から始まる。達成チームには抽選でトラベルギフト券などが当たる。  「スピードを『1』...

「新型コロナのワクチン接種できる」 不審な電話に注意を

 四日市市は新型コロナウイルスの感染が拡大している首都圏で「ワクチンを接種できる」などとかたる不審な電話があるとし、今後、四日市市内でも同様の電話が発生する可能性があると、ホームページなどで注意を呼び...

プラトンホテルを災害時の福祉避難所に 運営会社と四日市市が協定

  四日市市は12月24日、市内で災害が発生した場合やその恐れがあるときに、配慮の必要な人が安心して避難生活を送ることが出来る福祉避難所とするため、プラトンホテル四日市(西新地)と災害時に関する協定を...

市や日本年金機構の職員かたる 四日市市内に不審な電話

 四日市南警察署は9月15日、管内で不審な電話があったと発表した。  発表によると、不審な電話は2件報告があり、1件目は午前11時ころ、四日市市御園町地内の住宅に、市役所職員をかたり「医療費の還付金...

四日市港で引き続きヒアリ調査 11月も生息確認

  10月8日に四日市港霞ケ浦地区北ふ頭コンテナターミナル内で特定外来生物「ヒアリ」が環境省の調査で約300匹確認された件で、11月19日時点でも生息が確認されていることから、四日市港管理組合は国の調...

注文していない種子が海外から届く 市がホームページで注意呼びかけ

 「心当たりのない種子が海外から届いた」--。農林水産省が8月上旬ごろから注意を呼び掛けている海外から注文していない種子が郵便などで送られてくる事例ついて、四日市市でもホームページ上で「心当たりの無い...

火災は1957年以降最少 2021年中の火災・救急・救助件数 四日市市消防本部が発表

  四日市市消防本部は昨年1年間に、管内(四日市市、朝明町、川越町)で発生した火災、救急、救助件数(速報値)を発表した。火災に関しては昨年より16件少ない74件で、1957年以降で最少の件数となったと...

新型コロナ濃厚接触者で自宅待機 森市長が公務復帰 四日市市 

 家族が新型コロナウイルスに感染していることが分かり、濃厚接触者に特定され、自宅待機していた四日市市の森智広市長が5月16日、公務に復帰した。【定例記者会見で話す森市長=四日市市諏訪町で】  森市長...

予約枠埋まらない状況も 1・2回目セットの集団接種終了へ 四日市の新型コロナワクチン

   四日市市は11月24日、新型コロナワクチンの集団接種について、設定した予約枠が埋まらなくなった状況や市内の接種率などから、1・2回目がセットなった接種について、12月に設定した予約枠で終了すると...

イベント開催中に火災発生を想定 市総合体育館で特別消防訓練

 「春の火災予防運動」に合わせた特別消防訓練が3月6日、四日市市日永東の市総合体育館で行われた。【火災発生を想定し一斉放水をする消防車=四日市市日永東で】  同体育館でイベント開催中に火災が発生した...
- Advertisement -

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
2,390フォロワーフォロー

今週のトップ3