四日市市、阿倉川に新事業所6月OPEN 発達支援・放課後等デイサービス「わかば」オープニングスタッフ...

得意を生かし療育のプロへ  「わかば」は、障がいのある子どもや発達に特性のある子どもの活動を支援し、安心して過ごせる居場所を提供する福祉サービス事業所です。あなたの「得意」を生かせるお仕事しませんか...

【紙面企画】 未病への旅  (2021年3月13日発行 第193号より)

 薬膳の考えに「天人相応」があり「人間は自然界の一部あり、自然界に活かされ自然の変化に相応して変化していく」を意味します。2月3日頃が立春となり、春の季節が始まります。冬に近い春と夏に近い春とでは食養...

ものづくりデビューを応援 ポリテクセンター三重

求職中の方 今こそ手に職   全くの初心者でも基礎から学び、ものづくりの世界へ――。ポリテクセンター三重(四日市市西日野町)では、未経験の0(ゼロ)からでも電気の専門的知識や技術をしっかりと習得でき...

【YOKKAICHIミライびと】スポーツをする人の力に

あかほり接骨院 院長 小林晃徳さん(34)    昨年12月10日、四日市市赤堀新町に「あかほり接骨院」を開業した。スポーツ部門と整体部門を設け、肩こりや腰痛などはもちろん、自身が小学生から大学生ま...

若手農家を直売で応援 7月24,25日に「種兵マルシェ」開催

 「生産者と消費者が繋がる場に」――。四日市市城西町の種苗と園芸用品の店「種兵」で、地元の若手農家が作った野菜の直売会が7月24、25日の2日間開かれる。初の試みで企画したのは同店の苗生産部門を担当す...

よかパパフェスティバル 2月21日開催

   小学生以下の子どもとその家族が対象のイベント「第7回よかパパフェスティバル」が、2月21日(日)午前10時から同11時半、午後0時半から同2時まで四日市市東新町の橋北交流会館3階と、4階のこども...

新型コロナ収束願いこめる 「つるしびな」を垂坂観音寺へ奉納

清水町の村瀬さん  和小物教室を主宰する四日市市清水町の村瀬美和子さん(75)は今年4月と7月に、疫病退散の伝説がある垂坂山観音寺(同市垂坂町)へ長さ約2㍍の「つるしびな」を計2基奉納した。吉田眞圓...

【PR】脳卒中・認知症・動脈硬化に 「幹細胞治療」の可能性 グランソール奈良

 人間の体内にある、損なわれたりダメージを受けたりした体の組織を補完する役割を持った「幹細胞」の働きを用いて、組織・臓器の機能不全や欠損などの回復を図る再生医療の手法の一つに「幹細胞治療」がある。奈良...

人の役に立つものづくりで使う人を笑顔に

四日市中央工業高校木工部  高い技術で作り出す木工製品が好評で、校内外から依頼を受けている県立四日市中央工業高校(四日市市菅原町)の木工部。創部から約10年、県内産の木材を使った温かみのある製品は使...

【東日本大震災から10年】母子避難者支援 節目の年に思い語る

 東日本大震災の発生から10年。当時、放射能汚染から我が子を守るため四日市に避難した母子に、同市海山道町の建設業トーアエンジニアリングが社宅を住む場所として無償提供した。節目の年を迎え、当時の様子や現...

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
2,390フォロワーフォロー

今週のトップ3