精神科病院の准看護師ら 鈴鹿市の男女4人感染

470

 三重県は9月3日、鈴鹿市の20代から60代の男女4人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内の感染者は四日市市の1人を含め、延べ388人となった。

 県薬務感染症対策課などによると、4人のうち50代の男女は夫婦で、ともに鈴鹿市内にある精神科病院の准看護師。妻は入院病棟で発症前日まで勤務していた。濃厚接触者または接触者は職場関係者で100人ほどとなる見込みで、鈴鹿保健所にクラスター(感染者集団)対策班の職員が派遣された。夫については、感染発症前2日以内に勤務は無かった。

 夫婦の息子で20代会社員も感染。60代会社員女性は8月26日に陽性が判明した同市の60代会社員男性の妻。