タンクローリー活用で火災予防広報 コスモ石油と伊井運輸に感謝状

 四日市市消防本部はこのほど、コスモ石油株式会社四日市製油所から地域貢献に関する協力依頼を受け、伊井運輸株式会社が所有するタンクローリーに、消防本部が提供するデザインを施し、火災予防広報が実施されるこ...

四日市港のヒアリ防除活動終了 定期調査は継続

 四日市港管理組合は、四日市港霞ケ浦地区北ふ頭コンテナターミナル内で、昨年秋に確認された特定外来生物「ヒアリ」について、生息状況の調査と防除が6月2日に終了したと発表した。【四日市港内の公園に設置され...

四日市市の人口31万人超える 世帯数は前年比1950世帯増

 今年1月以降、「人口31万人割れ」が続いていた四日市市の人口が5月末時点で、31万292人となったことが同市の発表で分かった。世帯数に関しては14万4305世帯で、前年同時期と比較し、1950世帯増...

都市緑化関係功労者 15個人と15団体を表彰 四日市市

 四日市市では都市緑化推進運動期間(4月1日から6月30日)や都市緑化月間(10月1日から31日)の間、都市緑化関係功労者表彰を行っている。同市では今年度、15個人と15団体を表彰した。【四日市市総合...

対象は39歳から44歳 社会人経験者採用試験を実施へ 四日市市

 四日市市は5月27日、同市の採用試験について、39歳から44歳を対象にした社会人経験者枠の試験を実施すると発表した。昨年、一昨年度と「就職氷河期世代」を対象にした採用試験を実施してきたが、市役所の採...

未来に向けて考える機会に 企画展「四日市公害判決50年展」 そらんぽ四日市で7月1日から

 四日市市は今年7月24日、四日市公害判決から50年を迎えることから、四日市公害の歴史と環境改善の歩みを振り返り、環境問題について学ぶ機会にしてもらおうと企画展「四日市公害判決50年展~過去をふり返り...

新型コロナ 四日市市の森市長が濃厚接触者 庁内会議などはオンラインで参加

 四日市市は5月10日、同市の森智広市長が新型コロナウイルスの濃厚接触者となったと発表した。現時点で、森市長に発熱など体調不良の症状はないという。【新型コロナの濃厚接触者となったことが発表された四日市...

気象データを活用 スマート農業導入を支援  四日市市

 四日市市は総合計画にも掲げた「ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業導入支援」の一環として、四日市市にある農業センター(赤水町)と茶業振興センターに気象センサーを設置した。【ホー...

3回目接種率40パーセント 新型コロナワクチン 四日市市

 新型コロナワクチンの3回目接種状況について、四日市市は市内対象者の4月14日時点での接種率を発表した。発表によると、同市内で3回目接種済の人は12万4787人で、接種率は40・08パーセントとなって...

地場産品の魅力をPR「名品館」リニューアル 四日市

 運営していた公益財団法人が今年3月末で解散し、四日市市の運営となった「四日市市地場産業振興センター」(旧・三重北勢地域地場産業振興センター)で「じばさん」1階にある「名品館」が4月15日午前10時に...

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
2,390フォロワーフォロー

今週のトップ3