松阪、東員で計5人の感染確認 新型コロナ

554

 三重県は3月13日、県内で松阪市3人、東員町2人の計5人が新型コロナウイルスに感染していることがわかったと発表した。県内の感染者は延べ2598人となった。

 発表によると、松阪市の20代女性は、松阪中央総合病院に勤務する看護職員で、病院職員や入院患者ら110人の接触者が特定されたが、全員陰性と確認された。40代男性(会社員)は、12日に38度台の発熱や全身倦怠感があり、濃厚接触者は職場同僚ら5人。60代男性(同)は、11日に陽性が確認された50代女性の同居家族で、6日以降に関節筋肉痛や味覚障害などの症状が続いていた。

 東員町では、2月28日に感染が確認された未就学男児が通う保育園に勤務する20代女性(保育士)と、クラスター(感染者集団)が発生したいなべ市内の保育園に勤務する80代男性職員の同居家族の70代女性(保育士)の感染が確認された。