サイバー攻撃 三重県や四日市市HPなど30分間閲覧不可に

3512
【三重県庁=津市広明町】

 三重県は6月6日、外部からのサイバー攻撃で、県と県内10市町のホームページが一時的に閲覧できなくなるなどの障害が発生したと発表した。

 県によると、同日午後6時ごろからホームページの閲覧ができなくなったり職員が使うメールの送受信が遅れたりする通信障害が発生。影響があったのは県の他、津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、名張市、亀山市、熊野市、伊賀市、紀宝町で、同6時36分ごろに復旧したという。

 県が利用する民間事業者のサービス「三重県自治体情報セキュリティクラウド」の一部に対し、一度に大量の接続要求を送り付け、ドメインネームシステム(DNS)サーバーをダウンさせる攻撃があったといい、県は「情報漏洩はないとの報告をサービス提供事業者から受けている」としている。