コラム「年代別口腔ケア ー乳幼児期ー」【PR】

 赤ちゃんも歯が生えてきたら、虫歯予防の歯磨きを。虫歯の進行を防ぐフッ素塗布も、1歳半からできます。  イヤイヤ期などで歯磨きを嫌がる子もいます。仕上げ磨きに必死になり、怖い顔になったり余分な力が入...

「かぶせ茶」の魅力知って マルシゲ清水製茶

 四日市市水沢町で「かぶせ茶カフェ」を営むマルシゲ清水製茶(清水聖一代表)は、戦後創業の三代続く茶農家。急須でお茶をいれる人が少なくなる中、全国でも高い生産量を誇る地元の「かぶせ茶」の魅力を知ってもら...

「コラム」ふるさとの名前 第13回【神前・川島】

 神前地区は明治22年、西野村(現在の菅原町)・寺方村・高角村・曽井村・尾平村の5村が合併して三重郡神前村となりました。神前の語源は、式内社神前神社に由来します。  町名の由来は、尾平の尾は山裾...

コラム 「婚活道場」~相手がいれば休日は楽しい~<PR>

 暖かくなってきましたね。不快な花粉の季節も終わり、コロナウイルスとの付き合い方も分かってきた今日この頃です。  2年以上続いた巣ごもり生活からそろそろ脱却を考えてもいいのではないでしょうか。  ...

コラム 「婚活道場」~春は出会いの季節~<PR>

 桜が咲き、本格的な春が始まりました。春は出会いの季節ですし、陽気に誘われて、「何かを始めてみようかな」という気持ちにさせてくれる季節でもあります。婚活でも、毎年4月からGWにかけての1か月、新規入会...

食を整え心と体育む 豆富や 片岡さん

 豆腐を作って110年、大正元年創業の四日市市城山町の「豆富や 片岡」の片岡学さん(55)と小百合さん(55)は、伝統の製法を受け継ぎながら、新商品も開発している。    創業前は井戸の建設をする...

「コラム」ふるさとの名前 第12回【常磐】

 常磐地区は、四日市市役所から西に約2kmの位置で、昔は三滝川下流域の低湿地帯でした。室町時代に赤堀氏が来住してから、水利を活かした村作りが行なわれて農村集落として発展しました。  常磐の名は地形や...

『コラム』ふるさとの名前「中部」 四日市市

 中部地区はその昔、葦が生い茂った湿地でした。その後陸ができ人々が集まると、東西と南北に通じる道が交わる場所に「四日の市」が立ち、江戸時代には東海道五十三次の宿場町や行政の中心地として発展しました。 ...
お彼岸

コラム「おぶつだん こぼればなし」第10回 -春のお彼岸ー<PR>

 第7回の秋の時もお話しましたが、お彼岸は先祖を敬い故人をしのぶ大切な行事の一つです。昼と夜の長さがほぼ等しくなる春分の日と前後3日間で、今年の春のお彼岸は3月18日から24日までの7日間です。  ...

コラム「年代別口腔ケア -幼児期-」

 虫歯予防はもちろんですが、噛む力もつけたい時です。柔らかいものでもしっかり噛むことが大事です。奥歯で嚙む力が弱いと顎の発達に影響します。健康なお口の形成のためにも気を付けたいですね。  また乳歯は...

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
2,390フォロワーフォロー

今週のトップ3