古布を使った作品を展示した「古布遊び 六人六様 おだやかな春にさそわれて」が4月20日から同22日まで、四日市市山田町の小山田美術館第2ギャラリーで開かれている。【初日の展示会を盛り上げた大正琴の演奏=四日市市山田町で】

 会場には、古布を使った創作活動をする「美遊布」の会員6人の作品を展示。服や小物など約200点が壁などに飾られている。来場者は服を着てみたり、人形をじっくり見るなどして楽しんでいた。会員の一人は「それぞれの手作り、個性がいっぱいの部分をお楽しみいただければ」と話していた。

 また、初日には特別企画として、来場者に春らしさをさらに楽しんでもらおうと、「うぃど~ずサークル 」のメンバーによる大正琴の演奏会があった。春にゆかりのある曲が会場に流れると、来場者は曲にあわせて口ずさむなど和やかな雰囲気に包まれていた。

 入場無料。開催時間は午前10時から午後4時まで。問い合わせは 同館TEL059-328-2543へ。