家族や職場の同僚、友人など3人1組で123日間、無事故・無違反を目指す交通安全運動「チャレンジ123」が、今年も7月から始まる。達成したチームには抽選でトラベルギフト券などの賞品が当たるもので、実行委員会事務局が参加者を募っている。

 2001年から始まり、「スピードを『1』割落とす」「車間距離を『2』倍取りましょう」「『3』分早く出掛けましょう」がスローガン。7月1日(日)から10月31日(水)までの間、全員が交通事故を起こさず、交通違反もしないよう取り組む。昨年は県内1万1964チームが参加し、うち1万1293チームが達成した。

 参加資格は、県内に在住・在勤・在学し、自動車運転免許を持つ人。「一般」の部と、65歳以上(今年7月1日時点)を2人以上含む「シルバー」の2部門がある。参加費は1チーム3千円。

 参加申し込みは、県内各市町の交通安全担当課、各警察署などにある所定の申込用紙に記入し、参加費の郵便局払込受領証を添え、「〒514‐8570津市広明町13 三重県環境生活部くらし・交通安全課内 チャレンジ実行委員会事務局」へ送付する。6月29日(金)必着。

 詳細は県の同運動ウェブサイト(http://www.pref.mie.lg.jp/SEIKOTU/HP/85891046959.htm)に掲載している。

 問い合わせは同実行委事務局TEL059・224・2410へ。