三重労働局はこのほど、3月の県内の一般職業紹介状況について発表した。県内の有効求人倍率は1・75倍で、前月を0・05ポイント上回った。

 新規求人倍率は2・49倍で、前月を0・01ポイント上回った。安定所別の有効求人倍率では、四日市は1・99倍で、前月と同様で、県内では津の2・14倍に次いで高い。

 同労働局では「引き続き高水準で、県内の雇用情勢は着実に改善が進んでいる」としている。全国の有効求人倍率は1・59倍で、3月の有効求人倍率では三重県は2月と同様に全国10位だった。