第100回全国高校野球選手権記念三重大会は7月22日、県内4球場で試合が行われた。四日市市営霞ヶ浦球場では、3回戦のいなべ総合と津高校、四日市高校と水産高校の2試合があった。いなべと津高は11対0でいなべが8回コールド、四高と水産は、四高が1対13で5回コールドで勝利した。【得点が入り喜ぶ四高の選手たち=四日市市営霞ヶ浦球場で】

 四日市市営霞ヶ浦球場の四高対水産は1回裏に、四高が打者一巡の猛攻で7点を先制、2回に4点、3回に2点を追加した。投手は3人の継投で、水産打線を1点に抑え、5回コールドで5年ぶりのベスト8へ進んだ。

 四日市勢は、津市営球場の第1試合で海星が津商業と対戦。1対7で勝利した。ダイムスタジアム伊勢の第2試合は暁が宇治山田と対戦し、7回コールドの8対0で勝利し、2年ぶりのベスト8進出決めた。

 明日7月22日は四日市市営霞ヶ浦球場の第1試合でいなべ総合対松阪、第2試合で四日市対海星があり、県営松阪球場で第1試合は皇學館対松阪商、第2試合で暁対白山の試合が予定されている。