人形へ感謝の気持ちを込めて送り出す「人形供養祭」が5月18日、四日市市日永2の円楽寺で開かれ、家庭で愛されたひな人形や五月人形などが並べられた。【集まった人形と供養の様子を見守る人ら=四日市市日永2で】

 住職が読経を唱え、集まった人らは供養の様子を見守った。「人形への恩愛の思いと感謝をこめた送りの供養がぜひ必要」と始められた供養祭。子どもたちが成長し、人形をしまったままだったが、「感謝の気持ちでいっぱい」と人形を持ち込んだ人もいた。

 同寺の供養祭は年に2回、5月と11月に開かれている。供養してほしい人形は年中受け付けている。