交通事故の防止などを目的にした「夏の交通安全県民運動」が7月11日から同20日まで、県内で展開される。四日市南警察署は運動初日の7月11日、関係機関や地域の団体と一致団結することを目的としたセレモニーをショッピングセンター「日永カヨー」(同市日永4)の1階中央広場で開いた。【セレモニーの参加者で作られた交通事故「0(ゼロ」を願う人文字=四日市日永4で】

 セレモニーには四日市南警察署の署員や四日市南地区交通安全協会の会員、女子ラグビーチーム「PEARLS」の選手、四日市工業高校ラグビー部の部員ら約100人が参加。はじめに同署の西本茂人署長は「交通安全意識の高揚に努め、各関係機関、団体の皆様とスクラムを組んで取り組んでいきます」などと挨拶をした。

 四日市工業は交通安全に積極的に取り組む「交通安全活動推進モデル校」に指定。活動に伴い、セレモニーでは指定式が行われ、シンボルの像が前任の海星高校から手渡された。

 「PEARLS」と四日市工業ラグビー部は、交通違反をラグビーのルール違反と関連させたパフォーマンスを披露。買い物客らの注目を集めていた。

 最後は参加者全員で交通事故「0(ゼロ)」を願って、人文字で「0」を作った。署員の「交通事故」の掛け声に続き「ぜろ」と声を合わせていた。