第101回全国高校野球選手権三重大会は7月11日、四日市市羽津甲の四日市ドームで開会式が開かれた。今大会には62チームが参加する。【津工業の西口主将が選手宣誓をした=四日市ドームで】

 開会式では演奏にあわせ、昨夏優勝校の白山高校を先頭に選手らが入場。「いち、に」などの掛け声とともに力強く行進をした。

 選手宣誓は津工業の西口生真主将。「これまで、様々な試練や困難を乗り越え、野球が出来ることを誇りに思います。ここまで支えてくれた家族、野球というものを教えてくれた指導者の方々、共に戦い、涙し、励まし合った仲間。支えてくれた方々への感謝を胸に私たち選手一堂は正々堂々と全力で戦い抜くことを誓います」と力強く宣言した。

 試合は7月13日からで、四日市市営霞ケ浦球場は三重国体に向けて改修工事中のため、試合は津市営球場、県営松阪球場、伊勢市倉田山公園球場(ダイムスタジアム伊勢)の3球場で行われる。決勝は27日、松阪球場で午前10時から行われる予定。